前へ
次へ

筆記通過で油断大敵!?保育士実技試験をばっちり抑えよう

保育士筆記試験に合格したあなた!おめでとうございます。

more

保育士を目指す方は要必見!受験資格を解説

子どもたちに関わる保育士の仕事はとても素晴らしいです!

more

保育士試験の受験対策法を伝授!

保育士試験を受験される皆様、いかがお過ごしでしょうか?

more

子どもの健やかな成育に携わる、保育士さんを目指している方は要必見です!
保育士として働く為には保育士資格を取得しなければいけません。
試験は筆記試験と実技試験があり、両方パスする事で始めて保育士の地位を手に出来ます。
そこで今回は筆記試験で行う科目と内容をご紹介していくので、目を通してくださいね♪

保育士筆記試験の科目

●保育原理
保育の概要から行政が求める保育機能の理解が求められる科目です。
●教育原理
保育士の業務範囲である「養護と教育」の教育分野科目です。
●社会的養護
親が不在または監護不適当下に置かれた子どもに関する養護分野科目です。
●児童家庭福祉
児童福祉法と子どもの権利条約に関する科目です。
●社会福祉
児童福祉に限らない、様々な福祉を学ぶ科目です。
●保育の心理学
子どもの心理、発達に関する科目です。
●子どもの保健
予防接種や公衆衛生に関する科目です。
●子どもの食と栄養
小児栄養に関する科目です。
●保育実習理論
実習に関する理論科目です。

保育士筆記試験の内容

上記9科目から各10~20問のマークシート形式で出題されます。
マークシートといっても組み合わせ問題も多く、神頼みは通用しません。
徹底的に各科目をやり込む事が重要です!

保育士の試験勉強をわかりやすくするお手伝い
スマホひとつで資格試験対策ができる「京進」をご紹介しています

Page Top